関川村 清流荘のお米は最高!ハートの田んぼの 清流荘の新米が再度入荷。
  
秋も深まり、ホクホクの清流荘の新米を召し上がってください。春の種まきから稲刈りまで、山口ファームさんと育てたお米再入荷です。
というのも、精米と袋詰めが忙しすぎて間に合わず、1回目の入荷では足りなくなり、連休最後の本日になってしまったのでした。連休ご利用のお客様すみません。

稲刈りは、ご覧の通り
愛情込めて
ハートの田んぼから精米するので
普通のコシヒカリ以上の出来となっています。
今年もモチモチした仕上がりで、おかずなしの米だけでも食べれる仕上がりです。
この土地を含め約三反を清流荘の田んぼとして、お米製作していただいてます。

ぜひ ハートの田んぼの清流荘の御飯食べに来てください。

2017/10/09
 
関川村の宝 酒の達人達 そんな達人がオススメの今月のお酒は大洋酒造『秋仕立て生詰 紫雲 大洋盛』
  
やまさの佐藤さんと高橋屋観山荘の俊くんと大洋酒造の社長の村山さんが酒と郷土に対する愛着を夢を持って対談している様子が、冊子に取り上げられてます。
佐藤さんと俊くんは共に難関の金の達人の認定者。頑張れ、明日の関川村は、あなた達にかかっている。

ということで、
佐藤さんが10月の一押し酒で紹介するのが
大洋酒造『秋仕立て生詰 紫雲 大洋盛』です。
以下紹介です。
地元で人気「紫雲」から9月限定、秋仕立て生詰の登場!!
***当地域限定販売酒(限定醸造)***
- 紫雲のコンセプト
「日本酒好きな人に毎日飲んでいただく酒」それが、紫雲。
精米歩合を良くし淡麗辛口でスッキリしながら、飲んだ後口にこくがあり飲み飽きしない。普通酒でありながら55%まで磨いた吟醸造り。
大洋盛「紫雲ブランド」の一貫したコンセプトである、地産地消(フレッシュローテーション)の観点から、ビン詰め直前の加熱処理をせず生詰にて、詰め後可能な限り早く蔵出しすることを心掛けております。

- 秋季限定酒
日本酒がいちばんおいしくなる季節を迎える季節に、冬期にしぼられた新酒が、夏を越し適度に熟成しまろやかになった、旨みたっぷりの円熟の味わいを“生詰”にて蔵出しするのがこの「紫雲 大洋盛 秋仕立て生詰」です。秋の味覚とも相性抜群の、まさに旬のお酒です。
- 生詰酒(なまづめしゅ)とは
通常2回入れる火入れの工程を、酒を搾った直後に火入れ(加熱処理)を行い、2回目の瓶詰め時には火入れを行わない酒を指します。
1回に留めることでフレッシュさが保たれたお酒です。
適度な熟成期間をおいた、アルコール度の高い生詰酒ならではのふくよかな香りと、ふくらみのある深い味わいが特徴です。
年に1回(9月末頃)の秋季のみの発売です。生詰ですので、冷蔵保管にて冷酒でお楽しみください。
ご好評いただいております特約店限定“紫雲シリーズ”ともども末永いお引き立ての程、宜しくお願い致します。
酒類鑑評会にて数多くの金賞受賞を誇る大洋酒造の酒をご堪能下さい。
秋季限定酒、限定蔵出し酒です。
720ml 1,188円


宜しくお願い致します。

やまさ 佐藤真智子

2017/10/01


 
関川村にぶどう園あり いまぶどう真っ盛り あんまり美味くて猿も狙ってます。
  
9月が始まり 少しの間ですが天気のいい日が続いてます。
昨日、今日と美味しい葡萄に誘われて
私の大先輩が経営する荒川峡ぶどう園に通ってます。
現在、巨峰が真っ盛り 粒が大きくて甘く美味しいです。
これからも違う品種が次々と出てきます。食欲の秋。
この時期にしか味わえないぶどうをどうぞ。
画像のぶどうはマスカットベリーです。

清流荘から紹介されたと河内先輩にいえば、おまけしてくれるかも(^_^)v
 
今月 清流荘の一押し酒は宮尾酒造『〆張鶴 純米吟醸 越淡麗』
  
なんだか雨ばっか降ってたような8月が終わり
初秋に入ってきました。
赤とんぼも稲穂の周りを飛び回っています。
さて食欲の秋にピッタリのお酒、今月もやまさの真智子さんにご紹介いただきました。


宮尾酒造『〆張鶴 純米吟醸 越淡麗』です。
秋季限定の吟醸酒、まろやかでキレのよい「越淡麗」
秋季限定(年に一度、9月初旬頃〜)の数量限定発売の新潟県開発酒米、越淡麗を使用した純米吟醸です。
村上市で収穫された越淡麗を100%使用し、その特長を生かせるように、丁寧な酒つくりを心がけました。
上品な香りとキレの良い味わいをお楽しみください。
冷やしてお召し上がり下さい。
秋季限定酒、限定蔵出し酒です。
1.8L 3,758円 / 720ml 1,902円

ぜひ お試しを!
 
金の月 銀の月は申し訳ありません。販売しておりません。
  
先日、自分の不注意で壊してしまった豚の線香立て。

間に合わせで作ってみた 金の月 銀の月が
思わぬ事態となりまして、オーダーされるのですが
このお盆をひかえ、夏休み中は製作は無理です。
お待たせするのも申し訳ないので、諦めてください。
本当にすみません。
 

前ページTOPページ次ページ